フォト
無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2019年3月20日 (水)

パソコンの内蔵ハードディスク・ドライブの交換

「パソコン買いました」のタイトルで、NECのValueOneというWindows XPパソコンの購入について書いたのは、訳書『ピアソラ 自身を語る』が出た直後の2006年9月のことだった。その5年後の2011年9月には次のパソコンを購入しているが、買い替えに踏み切った直接の理由はよく覚えていない。この時買ったのは、PCワンズというショップのBTOパソコン(一応Micro gear A3850/H)という型番が付いていた)で、OSはWindows 7 Professional 64Bit、起動ドライブはSSD(Crucialの64GB)、データはHDD(Western Digitalの1TB)という構成を選択。本体の合計価格は98,785円だった。ディスプレイはLGの21.5型液晶タイプ(E2260V)を別途購入し(amazonで12,817円)、キーボードはValueOneのものをそのまま継続して使用。

SSDの64GBというのは、当時としては標準的な容量ではなかったかと思うが、少しずつ膨れ上がり、移動可能なファイルをことごとくDドライブのHDDに移しても、まったく余裕がなくなってしまったので、2017年10月にSanDiskの240GBのもの(SSD PLUS)に交換。2011年には64GBで11,980円だったものが、6年後には240GBで9,649円とは安くなったものだと実感。Crucialの64GBのものもケース内に残し、一時ファイル置きとして使えるようにしてある。

2018年2月にはバッファローのブルーレイドライブ(パイオニアのOEM)が動作不良となったため、パイオニアのバルク品(BDR-209BK/WS2)と交換。これもだいたい同じようなスペックで12,800円→8,425円と安くなっていた。

そんなこんなでその後も使い続けていたが、数日前から、急に動作が遅くなり、フリーズには至らないものの、頻繁に「(反応なし)」の表示が出るようになり、どうにもならなくなった。原因を探るうちに、「ハードディスク エラーの修復に関する手順」というメッセージが。ついにHDDが寿命を迎えつつあるということが判明し、早急にデータを取り出さねばならないことになった。外付けの1TBのハードディスクもあるが、いろいろ入っているし、整理している時間はない。いずれにしても内蔵HDDの交換は必至であるということで、SEAGATEの2TBで7,200rpmのもの(BarraCuda ST2000DM008)がコストパフォーマンスが良さそうなので買ってきた(6,280円!)。

P_20190319_234932_sres_1

さて、動きの非常に遅くなった状態で、どうやってデータをうまく移すか。ケースを開け、CrucialのSSDに繋いであったシリアルATAケーブルと電源をBarraCudaに繋ぎ替え、まずはフォーマット。Fドライブが割り当てられた。

Acronis True Image WD EditionでDドライブ→Fドライブのクローン化を試み、途中までは何とか進んだが、手順どおり作業中に再起動したところで、先に進まなくなってしまい断念。次にEaseUS Todo Backup Freeでやはりクローン化しようとしたが、途中で「パーティションサイズ変更の範囲取得に失敗しました」とエラーが出てアウト。

最終的に、エクスプローラで隠しファイルも表示するようにした上で、すべてのファイルとフォルダを普通にコピーすることにした。データの分量は合計で550GBほどだったのだが、すべてコピーし終わるのになんと20時間以上掛かった。I/Oデバイスエラーでコピー出来なかったファイル(どちらも重要なものではなかった)が2つあった程度で、なんとかコピーは完了。

後は、データを移された新しいHDDを、何事もなかったかのようにDドライブとして使えるようにする必要がある。コンピューターの管理→「ディスクの管理」を開くと、

ディスク0
システムで予約済み(システム、アクティブ、プライマリ パーティション)
(C:)(ブート、プライマリ パーティション)
ディスク1
(D:)(ページ ファイル、アクティブ、プライマリ パーティション)
ディスク2
(F:)(プライマリ パーティション)

となっているので、Fドライブを右クリックして「パーティションをアクティブとしてマーク」する。ページファイルの設定は後にして、いったんシャットダウン。

ここで古いHDDを外し、新しいHDDをその場所にセット。セーフモードで立ち上げると、ページファイルが設定されていない云々と出るが、とりあえず無視し、再び「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」を開く。外したDドライブも「システムで予約済み(D;)」としてリストに載っているので、これを任意のドライブ(とりあえずZにした)に変更し、FドライブをDドライブに変更。そしてページファイルの設定を行い、再起動。

エラーが出たらどうしようという心配は杞憂に終わり、何事もなかったように立ち上がり、Dドライブのファイルにアクセスできている。動きもスムーズだ。

2019年2月21日 (木)

【お知らせ】過去に拙ブログ(旧URL)に頂いたコメントを新URLに貼付

2月12日のエントリー「メールアドレスの変更とブログの引越し」でご案内した通り、拙ブログの過去の内容はココログの引越しツールによってそのまま新URLに引き継がれたわけだが、各エントリーに対して頂いたコメントは仕様により移動できていなかった。

せっかく頂いたコメントが消えてしまうのは申し訳ないので、どうすればいいか考えていたが、無理にコメント欄に貼ろうとせず、単純にコメント部分(投稿者名と投稿日時含む)を本文の後ろにそのままコピペしてしまえばいいことに気付いた。先ほどすべてのコメント(明らかな営業1件除く)の貼り付けが完了したので、お知らせまで。

2019年2月12日 (火)

メールアドレス変更とブログの引越し

インターネット接続を「@nifty auひかりホームタイプ ずっとギガ得プラン」から「NURO光 G2V」に変更することにした(NURO光は公式サイトでも様々なキャンペーンがあり、入口によって価格も違うので注意が必要)。NURO光の工事は二段階に分かれていて、宅内工事は2月1日に終了、16日の屋外工事が終われば、NURO光が開通する。「NURO光でんわ」も番号ポータビリティ(NTTの固定電話から電話番号を継続利用)で申し込んでいるので、そこからまた利用開始まで1~2週間はかかるらしい。3年縛りプランのauひかりで契約解除料がかからないのは2月末までなので、けっこうギリギリのタイミングではある。

auひかりはプロバイダーの選択肢が多かったので、それまでずっと使ってきたニフティにしたが、NURO光はSo-netのみ。選べない分料金も安くなっているので、これは仕方がない。というわけで、メールアドレスもこれまでのニフティのものは使えなくなる。そのニフティのアドレス、いつから使っていたか、Becky!に保存された過去のメールを探ってみたら、2001年9月からだった(それまではSo-net)。その年の10月5日に某友人宛てに送ったメールに

↓メールアドレス変わってますけど、ケーブルTVでの常時接続は高いのでやめて、 @niftyのADSLにしたのでした。

と書いてあった。ケーブルTVのそんな接続サービスを使っていたことは忘れていたが、いずれにしても1999年4月に父親が亡くなり今の実家に戻って以降のことなので、そんなに長い期間ではなかった。私がそれまで使っていたSo-netのメアドも、So-netを退会した2003年4月までは併用できていた。

今後メインで使っていくのはGmailのアドレスで、2013年3月に取得していたもの。これはdocomoの契約を更新してスマートフォンを使い始めたタイミングであり、何かの必要があって作成したのだろうが(よく覚えていない)、当時はまったく使っていなかった。2015年12月になってdocomoからauに乗り換えることになり、セット割目当てでauひかりにも申し込んだ(開通は2016年1月)。auの携帯は2年縛り、auひかりは3年縛りだったので、携帯は2年使ったところで、2018年1月に格安スマホのBIGLOBEモバイルに乗り換え。この時点で携帯のキャリアメールのアドレスが使えなくなったので、眠っていたGmailのアドレスを携帯用に引っ張り出すことにした。そして今回So-netには再入会となり、新しいIDとメールアドレスももらったが、いつまで使うかは正直わからないし、携帯もパソコンもGmailで統一しておいた方が、今後なにかと面倒はないだろう。これまでメールでいろいろとやりとりさせていただいた多くの方には、既に「メールアドレスとブログのURL変更のお知らせ」を送信済みだが、本ページ左側の「メールを送信」をクリックすれば、新アドレス宛にメールをお送りいただけるようになっている。

So-net上で2000年12月にオープンしたホームページ「tangodelic!」は2002年12月にニフティに引越し。2005年以降は更新がストップしたまま放置状態だったが、2016年11月に不注意により消滅してしまった。しかも人から指摘されて、消えていることに気付いたのは翌12月。ニフティでは「@homepage」というサービスを使っていたが、このサービスが2016年9月29日で終了になるため(実際には11月10日まで延長)、「@niftyホームページサービス」に移行しないと消えてしまう、という重要な案内のメールが同年2月に届いていたのを見落としてしまったために起こった悲劇である(データはある程度残してあるが)。自分の使っているサービスが何かを把握していなかったので(関心が薄くなっていた)、自業自得といえばそれまでなのだが。

一方、2004年5月にニフティの「ココログ・ベーシック」を使ってスタートさせたブログ「tangodelog」は、頻繁にブランクを開けながらも、現在まで続いてきた。ニフティには、プロバイダーでなくても無料で使える「ココログ・フリー」というサービスがあり、申し込めば引越しツールも使えるというので、先月17日に申請。完了次第「通知メール」が送られるというので待機していたが、なかなか届かない。そこで先週、試しに新しいページに行ってみたら、なんと引越しが終わっているではないか。通知はどうした? そして、写真は見れるが元のページの設定のようにポップアップにならず、デザインをテンプレートで替えてみても反映されない。キャッシュとCookieを削除するといいというのでやってみたら、デザインは更新されたが今度は写真が表示されなくなってしまった。そこで全ての写真を今までのページから取り込み直し、主に自分の過去記事へのリンクをすべて新ページに行けるよう直し、埋め込んでいたYouTubeの動画で削除されていたものは別のものを埋め込みなおし、スマホでも右側が切れないようにサイズを小さめに揃え、そして何とか整ったのが、今みなさんがご覧になっている新しい「tangodelog」である。無料サービスなので、広告が鬱陶しいのはお許し願いたい。

2006年9月19日 (火)

パソコン買いました

報告が遅れましたが、日経、東京/中日に続き、毎日新聞(9月3日朝刊)にも『ピアソラ 自身を語る』の書評が載りました。井上章一さんという方が書いて下さったもので、こちらで読めます。書評欄のトップに大きく掲載されていて、驚きました。毎日の書評欄って、写真なしで文字がびっしりなんですね。

それはさておき、遂にパソコンを買い換えました。実に7年ぶり。モノはNECのValueOne MT600/4D3W。Win98からXPにひとっ飛びです(まあ、もうすぐ次期OSのVistaというのが出るようですが)。カミサンのパソコンはMeだし、会社のパソコンはWindows2000かXPだから、そんなに違和感ないとはいえ、ハードディスクが4.3GBから一気に160GBというのは、やはり隔世の感があります。

NECは久しぶりです。私の最初のパソコンはPC-9801RXというMS-DOS時代の名機。買ったのは1989年だったか1990年だったか忘れましたが、たしか中古で24万ぐらいでした。ハードディスクなしで、5インチスロット2基搭載。さすがに外付けハードディスクを後から買いましたが、700MBで7万ぐらいだったような……。
2台目もNECで、98multi CanBeという、テレビが見れたりする遊び心のあるパソコンでした。『闘うタンゴ』は、そのCanBeで、秀丸エディタを駆使して書き上げました。例のディスコグラフィーはPageMakerを、これまた駆使して作りました。
『闘うタンゴ』を出した後で買ったのが、CompaqのPRESARIO 2240。今は撤退してしまったCompaqの戦略モデル的な位置付けのもので、Win95の最後の時期ですね。これはまだ、一応現役です。以前書いたように、アナログ盤をCDに焼いたりするためのオーディオボードが刺さっているからなんですが、このボードはISAスロット用なんですね。今のパソコンはみんなPCIスロットですから、差し替えができず、使い続けるしかない。もちろんPCIスロット用のボードも今は安いのがいろいろあるみたいですが(例えばこれ)、最近はCDを焼く機会もめっきり減ってしまったので、大蔵省の許可がおりませんでした(笑)。
1999年には、これも以前(同じ時に)書きましたがSonyのVAIOノート PCG-505RXを購入、それからずいぶん間が空いたというわけです。
NECの低価格(余計なソフトなどが一切入っていない)パソコン、ValueOne MTシリーズは、本来は本体とキーボード、マウス、外付けスピーカーのセットで、ディスプレイは別売りなんですが、私が買ったのはカスタマイズ・モデルというやつで、スピーカー内蔵の17インチディスプレイ(大きくて綺麗で見やすい!)とMicrosoft Officeが付き、外付けスピーカーを外したモデル。通販なんかではこの組み合わせが選べるようですが、通常店頭では見かけない商品。それがなぜかヤマダ電機では扱っていて、しかも普段15万ぐらいするのが、4月発売のモデルということもあってか、ウチの近くの店のリニューアルオープン記念で10万ちょいで売っていたというわけ。私にとっては、正にお買い得でした。ほくほく。

Comments

 初めまして。

 井上章一の文章は新聞で立ち読みしていて「いつものように淡々としながら、売りのポイントを押さえていて上手いなあ」と感心しましたが、読み直すとやっぱり紹介文として良く出来ていますね。

 ただ、ブーランシェ、ラヴェル、ガーシュインについて辞典程度の知識がないとピンとこないかなあと思いましたが。

 ただ、まだ読んでなくて失礼なんですが、「ビートルズよりフロイド」なんですか。バレット以降のフロイドって「現代音楽に憧れた成金ブルースロック」だと思っているんで。
 まあそれを肯定的にとるとピアソラってことなんでしょうか?
 近いうちに読みます。

Posted by: MM | September 25, 2006 at 02:47 AM

コメントありがとうございます。
ビートルズの「後に続いた連中こそが、偉大なアレンジャーたちと組むことで、ロックに優れた音楽の要素を加えるようになった」例として、ピンク・フロイドとウェザー・リポートの名前を挙げているんですね。WPが?と思われるかも知れませんが、ピアソラはいわゆるフュージョンもジャズではなくロックの範疇で考えているようで、パット・メセニーやアル・ディ・メオラの名前も出しています。
まあ、ビートルズの場合にはアレンジャー的な立場として実際にジョージ・マーティンがいたわけですが。

Posted by: さいとう | September 26, 2006 at 12:01 AM

 

なるほど「アレンジを重視したロック」という意味なんですね。
 そうすると今のロック(ポップス)の状況はピアソラには案外理想的なのかもしれませんね。
 インタビュー集は近いうちに読めそうなので、斉藤さんの書かれた評伝と一緒に読ませてもらいます。
 
 最後にピアソラはアメリカン・クラーヴェ及びヨー・ヨー・マのアルバムくらいしか持っていないんですが、「次の一枚」というと何がお勧めですか?
 アマゾンなどで、普通に手に入るものなら。
 それでは失礼します。

Posted by: MM | October 02, 2006 at 12:39 AM

2006年8月 3日 (木)

mixiの「ピアソラ」コミュニティ・メンバーは3200人以上

最近、友人に教えられて、ソーシャルネットワーキング・サイト(SNS)のmixi(詳しくはこちら)に参加しました。多数のコミュニティが存在する中、「ピアソラ」コミュニティに現時点で3276人も参加しているのには正直ビックリ。ピアソラ・ファンって、そんなにいましたっけ?
mixiに参加して驚いた、というか嬉しかったのは、かつてniftyのパソコン通信で情報交換していた時代の仲間が結構集まっていたこと。判明しただけでそうなんですから、気付いていない部分ではもっといるでしょうね。
パソコン通信がフェイドアウトしていったのは、誰もが自分のサイトを気軽に持てるようになったことが大きいと思いますが、そうなると、横のつながりというのが薄れてきたわけで。blogにはトラックバックというような機能がありますが、かつてのような密な交流は望めないというのが実感でした。
SNSは、まだやり始めて数日ですが、両方の利点を兼ね備えているのでは、と期待できます。
実際、友人が「『ピアソラ 自身を語る』発売」のトピックを立ててくれたのですが、予想以上の反響が寄せられていますから。

Comments

みくしーでお世話になったえりっく(きんぐ`カントナ`)であります!!
斉藤さまのプログの存在も、「ピアソラコミュ」のおかげで知ったんですよ~☆
SNSっておれも予想以上に役に立つなぁ~
って思いますっ!!
これからもちょくちょくのぞかせていただきます。
ではいきなり失礼いたしましたっ

Posted by: eric | August 05, 2006 at 11:50 PM

mixiではいつもコメントありがとうございます。
ホントにSNSは便利ですね。つまく活用していきたいものです。

Posted by: さいとう | August 06, 2006 at 10:38 PM

2004年6月16日 (水)

パソコン通信とトラックバック

よしむらさんが、 タンゴ関連重要ニュース~ピアソラの幻のライブ音源という見出しで『ライヴ・イン・トーキョー 1982』を取り上げて下さっています(初めてトラックバックが付きました^^)。で、今日話題にしたいのは、その下にあるトラックバックくっつけた という記事。
そこでよしむらさんは、こう書いています。

これまで自分のサイトにはイロイロ書いても、他所に行ってコメント書いたりするのは億劫で、まあ出不精サイトというか引きこもり系 blog というか、そんな感じだったんですが、今後はちょっとは他所ともつながりを持とうと思っています。

そうなんですよね。我が意を得たりとはまさにこのこと。
思えば、90年代後半の時点で、タンゴの情報交換が最もさかんに行われていたのは、パソコン通信の大手NIFTY SERVE(現@nifty)の電子会議室上ではなかったかと思います。
95年12月から97年9月まではFPOPULAR(ポピュラー音楽文化フォーラム)のラテン大陸会議室、同9月から00年12月まではFWM(世界音楽フォーラム)のタンゴ会議室が、そのメインステージでした。私がニフティーに入会したのが96年3月で、やがてFPOPULARのスタッフの一員となり、FWMに再編された際にはタンゴ会議室の部屋係を務めさせて頂きました。
FPOPULAR~FWMでは、石川浩司さんさんやよしむらさん、ギターのいいずみさんほかたくさんの方々と知り合いになり(オフ会で盛り上がったのも大きかった)、タンゴ好きのネットワークが広がったのです。当時のログを読み返すと、随分と濃いやりとりをしていたものだと思います。
パソコン通信が一般的ではなくなったのは、もちろんインターネットが普及して誰でもホームページを持つようになったからというのが、一番の理由でしょう。パソコン通信は基本的にテキスト・オンリーで、それが良さでもあったのですが、会員制というのは、やはり外から見れば閉鎖的という点も否めなかったのかもしれません。FWMが2000年いっぱいで幕を閉じたのも、そんな理由からでした。
もちろん各自のサイトの多くには掲示板がありますから、相互のやりとりも可能なんですが、やはり自分のサイトを持ってしまうと、どうしても自分のところを優先して書くようになってしまうのは、致し方ないところ(自分のところにも全然書いていなかったじゃないか、という突っ込みはナシね)。
だからこそ、トラックバックという新しい機能を持つblogは、かつてとは違った意味で、横の繋がりが持てる道具になってくれるのではないかと、期待しているところです。

Comments

どうも、私も初トラックバック受信でした。
Niftyの議論、懐かしいですね。確かに濃かったなぁ。
新しい仕掛けがどんな風につながりを作って行けるのか、まだ手探りの感じもありますが、うまく使いこなして行きたいと思います。

Posted by: よしむら | June 19, 2004 at 07:36 AM

どうもです。タンゴ関係だと、まだblogはあまり浸透していないんでしょうかね(あまり巡回もしていないんですが)。

Posted by: さいとう@管理人 | June 22, 2004 at 12:44 AM

2004年6月 1日 (火)

blog始めてみました

サイトの更新を1年半もさぼっていたほどで、昨今の「輸入CD規制」問題でいろいろなサイトを見るまで、blogとかトラックバックのことって、まるで知らなかったのですが、これはよさそうということで、試しに始めていました。
ただ、実際に忙しいのとズボラな性格ゆえ、ちゃんと更新していけるのか、はなはだ心許ない感じではあるのですが…。まだ機能のこともよくわかっていないので、とりあえず試験運用といった感じです。

Comments

先生、ブログ開設おめでとうございます。
一番乗りの書き込みでしょうか。
私もやってみようか考えています。
またいろいろご教示ください。

Posted by: すずきたつや | June 03, 2004 at 10:37 PM

だから先生と呼ぶのはやめなさいってば。
それはともかく、まさかこの記事にコメントが付くとは思いませんでしたよ。
書き込みありがとうございました。

Posted by: さいとう@管理人 | June 06, 2004 at 12:03 AM

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31