フォト
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月16日 (月)

内山田洋とクール・ファイブのレコード(6)~シングル「逢わずに愛して/捨ててやりたい」

デビュー・アルバム『内山田洋とクール・ファイブ』リリースの1か月後、内山田洋とクール・ファイブのシングル第3弾として、「逢わずに愛して」がアルバムからシングル・カットされる。

Jrt1045

Jrt1045b

Jrt1045e

Jrt1045f

● シングル03

A) 逢わずに愛して
川内康範 作詞/彩木雅夫 作曲/森岡賢一郎 編曲

B) 捨ててやりたい
川内康範 作詞/城 美好 作曲/森岡賢一郎 編曲

RCA JRT-1045 1969年12月5日発売

第4回の「一度だけなら」の項でも軽く触れたとおり、内山田洋は1978年12月リリースのメンバー自選ベスト『<スター・マイ・セレクション・シリーズ> 内山田洋とクール・ファイブ』のライナーでこの曲についてこう書いている。

実は、その当時シングル盤の候補曲が10数曲あり何度か熱っぽく討議を重ねた結果発売されたのがこの曲です。翌(昭和)45年シングル・カットされ大ヒットとなった「噂の女」と同じRCAレーベルの野村真樹君のデビュー・ヒットとなった「一度だけなら」が、その時の最終的に残った競争相手です。

一方、やはり第4回でも触れたとおり、RCAの山田競生は、3枚目のシングルまでは彩木雅夫に書いてもらう約束になっていたと言う。第2弾の「わかれ雨」を「あんな曲」と切り捨てた山田は、「逢わずに愛して」が届いた時のことをこう振り返る。「彩木さんが、曲ができたと喜び勇んで北海道から出て来たんです。その譜面を見た瞬間、ホッとしましたよ。彩木さんと会うについては、私は腹に晒を巻いている気持ちだったんですから。もし駄目な曲なら、身体を張っても、とさえ思っていたんですから。これで彩木さんと揉めずにすんだと、ホッとしました」(中山久民・編著『日本歌謡ポップス史 最後の証言』[白夜書房]より)。そして彩木は山田に対し、自分の匂いが付かないよう、これからは他の人に書いてもらうように、自分は2年後にまた書かせてもらうから、と告げたとのことだ。

1か月の違いではあるが、「逢わずに愛して」がシングルに先んじてアルバムに収録されたということは、アルバムのための曲集めと、次のシングルの準備が、だいたい同時進行で進められていたということになるのだろう。そして、シングル化に際しては、アルバムに収められたヴァージョンに手が加えられた。

まず、テナー・サックスとヴォーカルが差し替えられている。イントロ1発目のサックス、わかりやすくキーをCで表現してみると、アルバムでは

 ミミーーー ドドレミソソーーー

だったのが、シングルでは

 ミーーーー ドドレミソーーーー

と、音を伸ばしている。なので、頭の部分を聴くだけで、どちらのヴァージョンかは判断しやすい。音楽的な必然というよりは、区別をわかりやすくするための処理、という気もしないでもない。

そして前川清のヴォーカル。5枚目のシングルとなる「噂の女」でもヴォーカルは録り直され、かなり歌い方を変えることになるが、ここではさほどの目立ったニュアンスの違いはなく、よく聴かないとわからない程度。違いを感じやすい箇所としては、サビの

 あゝ 永久にちりばめ

の終わり方が挙げられる。アルバムでは「め」をそのまま短めに伸ばし、あっさり切っているが、シングルでは最後をやや丸めるような感じにしている。

ミックスもいじられ、イントロから歌に入る直前のサックスの後ろの「♪あー あー あー」というコーラスと、「♪夢の夢のかけらを」の所で左チャンネルに入るタンバリンの音量が上げられているが、この処理は正解。

かくして12月5日にリリースされた「逢わずに愛して」は、20日間で30万枚近くも売れたとのことだ。クール・ファイブを代表するシングルと言えばまず「長崎は今日も雨だった」、次いで「そして、神戸」「東京砂漠」が挙げられ、「噂の女」あたりがそれに続くのだろうが、売り上げという意味ではオリコン調べで69.9万枚、メーカー発表(1975年1月現在)で96.3万枚と、この曲が全シングル中の第2位であり、なによりも唯一のオリコン・シングル・チャート第1位獲得曲でもある。

確かに「わかれ雨」と比べて曲のイメージは明快で、グループとして安定した活動を続けていく上でも重要なヒット曲となった。山田は語る。「<長崎は今日も雨だった>でクール・ファイブに向きかけたお客が、<わかれ雨>でそっぽを向いちゃった状況の中で、こうした売れ方をしたことは、他人事のようないい方ですけど、とにかく不思議な現象でした」(前掲書)

更に、この曲を語る上で欠かせない重要な要素がもう一つ、その直情的な歌詞にある。

作詞は川内康範(かわうち・こうはん、本名:川内潔、1920年2月26日函館市生まれ、2008年4月6日没)。履歴書に堂々と記した通りの高等小学校卒。家庭環境故ではなく、自分の意志で中学には進まず独学を貫き、職を転々とした後、作家を目指して17歳で無一文で上京。苦労の末に日活撮影所に入り、その後東宝の演劇部へ。海軍に応召するが太平洋戦争開戦直前に病気理由で除隊。その後散っていった戦友たちへの思いが、戦後自費で10年間続けた海外戦没者遺骨収集活動に繋がっているという。1941年には文芸誌に作品が掲載され、作家デビューを果たす。戦後は、恋愛ものなどの小説や映画の原作・脚本などを多く手掛けるが、代表作はテレビドラマの草分けでもある『月光仮面』だろう。極めて低予算で制約も大きかったが、輸入ものに頼らない国産のヒーローものを作りたいというスタッフたちの強い意志のもと、大道具や照明の経験も豊富な川内はそれに見合った脚本を書き、主題歌2曲も作詞した。なお、番組を制作した宣弘社の社員募集に応じてきた若者の中には、後の作詞家・阿久悠もいた。「憎むな、殺すな、赦しましょう」がキャッチフレーズの『月光仮面』は、1958年2月からラジオ東京テレビ(KRT、後のTBS)で放映が開始され、電気店の店頭のテレビに子どもたちが群がる人気番組となった。ところが、子どもたちが月光仮面の真似をして高所から飛び降りては怪我をする事故が続いて、PTAや良識派からの反発を招き、番組は1959年7月で打ち切りとなった。

川内が作詞家としても本格的に活動を開始したのはその後のこと。出世作となった「誰よりも君を愛す」は、月刊『明星』に1958年から連載中だった同名の小説をもとにしたもので、ビクターの磯部健雄ディレクターと作曲した吉田正からの求めに応じ、小説のエッセンスを歌詞にまとめた。当初は和田弘とマヒナ・スターズのみでレコーディングの予定だったが、新宿のクラブ歌手だった松尾和子の歌を聴いて惚れ込んだ川内が強く推薦し、マヒナと松尾の共演となったシングルは1959年12月にリリース。目論見通りに大ヒットとなり、1960年の第2回レコード大賞を受賞した。

「恍惚のブルース」(作曲:浜口庫之助)は『週刊現代』に連載していた『恍惚』がベースとなっている。やはりクラブで歌っているところを川内に発掘され、この曲で1966年5月30日にビクターからデビューした青江三奈は、その芸名自体が『恍惚』のヒロインの名前から採られている。川内は以降も、1968年の第10回日本レコード大賞・歌唱賞を受賞した「伊勢佐木町ブルース」(作曲:鈴木庸一)を含む、1968年春までの彼女のシングルの大半を作詞している。

そのほか、1966年1月東芝から再デビューの城卓也(実力はありながらテイチクで低迷していた歌手、菊地正夫にこの新しい芸名を授けたのも川内)「骨まで愛して」(当時の妻の川内和子名義。作曲:文れいじ―城卓也の兄、北原じゅんの別名―)は『女性自身』に、才能を持て余して借金とスキャンダルまみれだった水原弘にとって起死回生作となった1967年2月の「君こそわが命」(作曲:猪俣公章)は『アサヒ芸能』に、それぞれ連載していた小説がもとになっている。

そして森進一。川内は森の芸能活動の様々な局面でバックアップ役を務めるほど、繋がりは深かった。森が歌った川内作品は全部で33曲とのことだが、シングルA面曲に限ると「花と蝶」(作曲:彩木雅夫、1968年5月5日発売)「花と涙」(作曲:宮川泰、1969年10月5日発売)「銀座の女」(作曲:曽根幸明、1970年9月15日発売)「おふくろさん」(作曲:猪俣公章、1971年5月5日発売)「火の女」(作曲:彩木雅夫、1971年9月5日発売)「命あたえて」(作曲:猪俣公章、1981年9月21日)「語りかけ」(作曲も、1999年8月2日発売)の7曲だけで、意外と少ない感じがする。ちなみに「花と涙」リリース後の1969年10月27日、NET『アフタヌーン・ショー』に出演予定だったが森が体調を崩したため、代わりに前川清が初めてグループから離れて一人で急遽代役を務め、この曲を披露している。

森と川内といえば、川内の晩年、2007年1月に巻き起こった「おふくろさん」騒動が記憶に新しい。森が冒頭に新しい語りの部分を付けて歌っているのを知った川内が不快感を表明したのだが、改変が原作者に対する冒涜だという思いだけでなく、そのことを知らされていなかったことに対しての憤りでもあった。そしてその指摘に対する森側の煮え切らない、突き放したような態度が、更に問題を大きくした。結局和解に至らないまま川内は他界、その後川内の遺族とは話がついて、騒動以来森が封印していた川内作品を「おふくろさん」を含めオリジナルのまま歌い続けるという方向で落ち着いた。

そんな波乱万丈な人生を歩んでいた川内への作詞の依頼は、逆転ホームランを狙う山田のアイディアだったのか。衒いのない愛のかたちをストレートに表現する川内の歌詞が、ヒットの要因の一つであることは確かだろう。

なお、今回川内の軌跡を紹介するにあたり、主に次の2つの記事を大いに参照させて頂いた。素晴らしい内容なので併読をお勧めする(マンガショップのサイトからリンクが張られた東奥日報の画像は、小さくてとても読みづらいが)。

関川夏央『人間晩年図巻』2000年代編<第1回-2>「生涯助ッ人」―川内康範―

東奥日報 2006年10月27日~『あおもり はやり歌 人もよう』作詞家 川内康範(1)~(12)

大ヒット曲となった「逢わずに愛して」は、この後リリースされた彼らのベスト盤にはもれなく収録されることになるが、実はシングル・ヴァージョンではなくアルバム・ヴァージョンで収められてしまったものも少なからずあるのでご注意を。手元に盤があって確認できただけでも、1971年10月25日発売の『内山田洋とクール・ファイブ(パネル・デラックス)』(RP-9115~6)、1972年8月5日発売の『内山田洋とクール・ファイブ・オリジナル・ゴールデン・ヒット曲集』(JRX-1)、同年11月25日発売の『内山田洋とクール・ファイブ・ベスト24』(JRS-9121~2)、1973年11月25日発売の『内山田洋とクール・ファイブ・オリジナル・ゴールデン・ヒット曲集』(JRX-9)、1978年9月5日発売の『内山田洋とクール・ファイブ 10年の軌跡』(RVL-4013~7)の5種が該当する。

「逢わずに愛して」の影に隠れがちだが、森岡賢一郎による軽快なボサ・ノヴァ風のアレンジが施されたB面の「捨ててやりたい」も、少なくとも個人的には極めて重要な曲である。作詞はA面同様川内、作曲はB面への提供がこれも3枚連続となる城美好(=チャーリー石黒)。これまで紹介してきた曲はすべて3連のリズムで書かれていたので、これはそこから離れた初めての曲となり、サックスではなくフルートがフィーチャーされている。そんな洒脱なアレンジに、川内の濃厚な歌詞と前川のいつもの歌い方が乗っかるというミスマッチ感がたまらない。この録音ももちろん良い出来なのだが、第4回で「わかれ雨」を紹介する内山田のMCについて触れたのと同じ、1970年9月27日の日劇でのリサイタルを収録した2枚組『豪華盤「クール・ファイブ・オン・ステージ」』で聴ける、クール・ファイブ自身の演奏によるライヴ・ヴァージョンの方にこそ、洋楽をベースに持つ彼らならではの特質が、より色濃く現れていると思う。

最後に、これはまったくの余談だが、「逢わずに愛して」はブラジルRCAからもリリースされている(ジャケット写真はネットから拝借)。

Jcd14002

Jcd14002b

どうやら4曲入り17cm盤らしく、他の収録曲目も不明だが、ブラジルの日系人向けのリリースだったのだろうか。

(文中敬称略、次回に続く)

2020年3月 8日 (日)

内山田洋とクール・ファイブのレコード(5)~「長崎は今日も雨だった」誕生前夜についての再検証

3枚目のシングル「逢わずに愛して/捨ててやりたい」に進む前に、書いておかなければいけないことができたので、少し時間を戻す。

Jrt1015_20200308202601

「長崎は今日も雨だった」を遠く札幌の地で作曲した彩木雅夫が、2010年4月28日にリリースされたCD3枚組『GOLDEN☆BEST deluxe 内山田洋とクール・ファイブ A面ヒット曲集』(GT Music MHCL-1730)のブックレットに『「長崎は今日も雨だった」に寄せて』という一文を寄稿していた。私はこのCDを持っていなかったのだが、さる方のご協力を得て読むことができ、いろいろなことがわかってきたので、これまでに(特に第2回)書いてきたものに追加・訂正する形で紹介しておく。

彩木によれば、森進一「命かれても」(1967年9月10日発売)をヒットさせていた彼がクール・ファイブのことを知るのは、1968年1月頃、銀馬車の吉田孝穂が繰り返し掛けてきた電話からだった。最初は無視していたが、あまりにしつこいので話を聞いてみると、競合する十二番館所属の中井昭・高橋勝とコロラティーノが「思案橋ブルース」で大ヒット(最終的にオリコン3位となるが、コロムビアからのリリースはこの先の4月25日なので、実際には、評判となりメジャー・デビューも決まり、ぐらいのニュアンスだったか)、われわれ銀馬車としては見過ごせないので、ぜひ作曲をお願いしたい、という内容だった。彩木としては森進一「花と蝶」のレコーディングが進行中で(発売は1968年5月5日)、「見知らぬ長崎のキャバレー戦争に参加する理由はないとの思いから丁重にお断り」したが、やがて送られてきた「西海ブルース」のテープを聴いてみたところ、「バックコーラスがとても新鮮に聞こえ、プラターズ<オンリー・ユー>のコーラスを聴いているような気が」したのだと言う。

その後のやりとりを経て、吉田が直接彩木のもとを訪れたのは5月初旬頃のことだという。彩木は何編かの歌詞を預かり、代わりに1枚のレコードを手渡す。それがこれだ。

Sdr1285a

Sdr1285b

Sdr1285c

彩木の寄稿を読んであわてて検索するまで気づかなかったが(そして運よく、速攻で入手できたが)、チャーリー石黒が城美好のペンネームで書いた「涙こがして」は、1967年7月には既にこうしてポリドールからレコードが出ていたのだった(後のクール・ファイブ盤「涙こがした恋」では作詞は中山淳太郎と村上千秋の共作詞とクレジットされるが、ここでは中山作詞、村上補作詞となっている)。アルトの歌声で気だるく歌っている由木まなみについては後述するが、これが何故売れないのか石黒から分析を依頼されていたものだという。彩木は閃いたのだろう、この曲を吉田に託してみたのだった。

話がそれるが、ここで石黒について改めて紹介しておくと、チャーリー石黒(本名:石黒寿和)は1928年1月20日東京都港区芝生まれ(1984年12月14日没)。小学生の時にトランペットを始め、ブラス・バンドで活躍、早稲田大学に進学後、音楽部で研鑽を積み、ブラス・バンドのキャプテンとなる。慶応義塾大学のグループと合流してレッド・ハット・ボーイズに参加し、当初はトランペット、その後はヴァイブやドラムスを手掛ける。そして1954年、19人編成のラテン・バンド、チャーリー石黒と東京パンチョスを結成し、ダンスホール飯田橋松竹、銀座ハーレムの専属となる。1959年から日本グラモフォン(レーベルはポリドール)でレコーディングも開始し、歌謡曲の伴奏なども多く手掛けるようになる。渡辺プロダクションでは音楽プロデューサーとして、森進一のほか中尾ミエや布施明なども手掛けた。テレビの歌番組での伴奏でも活躍したが、TBS系特撮テレビドラマ『仮面ライダーストロンガー』第9話「悪魔の音楽隊がやって来た!!』(1975年5月31日放映)には本人役でバンドごと出演しているそうである。【2020年3月11日追記】『仮面ライターストロンガー』は大阪の毎日放送制作だったので訂正。詳しくはコメント欄の中澤さんの投稿参照。

彩木は文中で「涙こがして」の歌手名を由木まなみではなく、誤って香月サコとしていたが、香月も由木も同じ石黒門下で同じポリドール専属だったので記憶違いをしたのだろう。ちなみに北上川サコ名義での録音もあった香月のデビュー・シングル「赤い夕日/白い肌」は1968年6月25日リリースなので、吉田と会った時点では出ていないし、彼女のディスコグラフィーに「涙こがして」は存在しない。

そして由木まなみである。この名義でのシングルは「涙こがして/別れ別れて」1枚きりだが、1943年4月25日北京生まれの彼女の最初の芸名は波多マユミだった。ザ・ベビーズというバンドを経て1960年4月に東京パンチョスの専属歌手となり、1961年4月にポリドールから「シュシュシューベルト」でデビュー。1962年秋には石黒が編曲と案内役を務めた10インチのオムニバス『カッコイイ10人 ―東京ジャズ喫茶めぐり―』(1997年11月にPヴァインからCD化)に参加して「可愛い子チャン」を歌っている。その後芸名を波多まゆみと改め、「夜霧のしのび逢い」などのカヴァー・ポップスのリリースを続けていた。ところが何を思ったか、1967年4月にはゴールデン・ヴェールという覆面歌手として「命こがして/私、明日はないの」をリリースしている。

Sdr1254a

Sdr1254b

Sdr1254c

このB面の曲名をみてビックリ。アルバム『内山田洋とクール・ファイブ』のB面最後に収録されていた「明日(あした)はないの」は、これのリメイクだったとは! メロディーに手を加えられているほか、歌詞も一部異なっていて、ゴールデン・ヴェール盤では新野新作詞、村上千秋補作詞、クール・ファイブ盤では村上千秋単独の作詞となっていた(クレジット・ミスではないのだろうか)。歌詞の変更は次のような感じ。

二番(ゴールデン・ヴェール):
死ぬまで一緒に 暮らそうと
口づけされて 云われたら

二番(クール・ファイブ):
死ぬまで一緒と 口づけされて
恋の炎が 燃えました

三番(ゴールデン・ヴェール):
恋と恋との 明け暮れに
涙も声も 枯れました

三番(クール・ファイブ):
嘘と真実(まこと)が この世のさだめ
愛も涙も 枯れました

また、編曲は全面的に異なるが、手掛けたのはここでも宮川泰であり(補作曲編曲とクレジット)、彼の名前がクール・ファイブのレコードで唯一クレジットされていた理由もなんとなく理解できた。

このシングルの3か月後に由木まなみとして「涙こがして」をリリースするわけだが、名前の横には小さく(ゴールデン・ヴェール)と書かれ、その正体を明かしている。作者は異なっても、「涙こがして」というタイトルは「命こがして」から繋がっているが、結局これが彼女にとって最後のシングルとなってしまった。

さて、彩木から吉田の手に渡った「涙こがして」は、内山田洋の編曲でクール・ファイブによって録音されたわけだが、受け取った彩木は「狙い違わず素晴らしい出来でした。早速故チャーリー石黒氏に届け、折り返し絶賛の言葉が返ってきました」と、当時を振り返る。由木盤では歌詞は六番まであったが、クール・ファイブはややテンポを落とし、元の歌詞のうち四番と五番を省いて六番を四番とし、全部で四番までの構成にしている。歌詞の変更はなし(二番の「弱いわ女」を「弱いは女」に、音は同じで表記のみ変更)。

ここからの流れは、彩木の書いたものと、第2回で引用したRCAの久野義治がかいたものとでかなり異なっていて、どちらがより正確か判断するのは難しい。

彩木によれば、8月頃タレントキャンペーンがあり、RCAのディレクターも同行してきたので、テープを聴いてもらった。東京に戻ったそのディレクターが慌てて電話してきて、長崎の有線放送で「涙こがして」(どの時点で「涙こがした恋」と改題されたかは記述によって異なる)が1位となっているので至急RCAからデビューさせたい、なのでB面の曲を作曲して送ってほしいとの依頼を受けた、ということだ。

一方繰り返しにはなるが、久野によれば、年末に札幌でキャンペーンがあり、同行したRCAの永田章蔵が彩木のもとを訪れたところ、「長崎に自主制作のテープで地元の有線放送リクエスト1位になっているグループがいますョ。マネージしている作詞家の吉田孝穂氏に、新曲の作曲を依頼されてるんですが、ご紹介しましょうか」と言われ、テープを持ち帰った、となる。

興味深いのは、RCAからの当初の依頼は、B面用の曲だったということ。そして「涙こがして」が有線で1位となった1968年秋には、彩木は作曲を始めていたのだった。以下、少し長くなるが彩木の文章を引用しておく。

作曲は孤独な作業です、1フレーズ毎、自分に問いかけ、自分で回答を、当時は勤務中ですので土曜日の朝3時頃から始め、日曜日も同じく朝早くからと、出来なければまた翌週の早朝土曜日へ、こんな作業ぶりですので1曲を作曲するのに3ヶ月はかけていました。そんな日々のくり返しの中で一つの発想にたどり着きました。それは今までマイナーの曲(短調)ばかりで作曲していたのをメジャー(長調)で、そしてプラターズのコーラスのようにポップス的に、それに長崎のイメージを重ね合わせながら、また「前川 清」の落ちついた歌唱が似合うように考えた作曲でした。もともと私の作曲法はメロディー先行なので詞の字数は重要ではないのですが、いざ預かった詞の中から当て込むのには大変苦労し、言葉の足りないところは2回繰り返し、あまり演歌調にならぬように言葉を選びながら加えたりしました。特に歌の終わりには無謀にも4拍目に5個の音を入れ印象を強くしました。何せ預かった何編かの中から当て込んだ詞のタイトルは「長崎の夜」でしたから……。

5月に手渡された数篇の歌詞の中に「長崎の夜」があったということは、その時点で「西海ブルース」のレコード化は作者の尾形よしやすから却下されていたという解釈でいいだろうか。第2回でも書いたように、クール・ファイブは1977年になってようやくこの曲をシングルにするわけだが、実は1969年の時点でこれもレコードになっていたのを見落としていた。

Tp2129

Tp2129c

Tp2129d

「佐世保観光協会推薦盤」と書かれているが、歌っている花菱エコーズは九州のグループではない。元黒沢明とロス・プリモスの福田徳朗(サックス)と大川光久(ギター)を中心に、品川芳輝(ヴォーカル)、原田時美(ベース)、藤村隆(ドラムス)というメンバーで結成された彼らは、落語家の林家三平が名付け親となり、1968年6月1日に東芝音工から「泣いても泣いても/女の泣く町」でデビューしている。「西海ブルース/新宿のふたり」(TP-2129)は「あき子はひとり/夜に咲く花」に続く3枚目のシングルだと思われる。発売日は特定できないが、一つ番号の若い黒木憲「夢はいずこに」(TP-2128)が1969年3月1日発売なので、そのあたりだろう。それにしても、作者の尾形がクール・ファイブによるレコード化を拒んだ「西海ブルース」を、どうして彼らはレコーディングすることができたのか。しかも歌詞は尾形によるオリジナルではなく、拒む理由となった、永田貴子が書き換えた方なのである(クール・ファイブの1977年録音ともかなり異なっているが、これがデビュー前のクール・ファイブが歌っていた本来の歌詞だと思われる)。尾形はクール・ファイブに提供しなかったことを悔やんだのではないか。後のクール・ファイブ盤で聴きなれた耳には、ユニゾンやハモリが多用された花菱エコーズの歌は新鮮にも聴こえるが、ヒットには至らなかった。

(文中敬称略、次回に続く)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31