フォト
無料ブログはココログ

« エドゥモンダ・アルディーニとピアソラの貴重な共演盤、配信開始 | トップページ | ホセ・リベルテーラによる日本の歌謡曲集 »

2019年3月20日 (水)

パソコンの内蔵ハードディスク・ドライブの交換

「パソコン買いました」のタイトルで、NECのValueOneというWindows XPパソコンの購入について書いたのは、訳書『ピアソラ 自身を語る』が出た直後の2006年9月のことだった。その5年後の2011年9月には次のパソコンを購入しているが、買い替えに踏み切った直接の理由はよく覚えていない。この時買ったのは、PCワンズというショップのBTOパソコン(一応Micro gear A3850/H)という型番が付いていた)で、OSはWindows 7 Professional 64Bit、起動ドライブはSSD(Crucialの64GB)、データはHDD(Western Digitalの1TB)という構成を選択。本体の合計価格は98,785円だった。ディスプレイはLGの21.5型液晶タイプ(E2260V)を別途購入し(amazonで12,817円)、キーボードはValueOneのものをそのまま継続して使用。

SSDの64GBというのは、当時としては標準的な容量ではなかったかと思うが、少しずつ膨れ上がり、移動可能なファイルをことごとくDドライブのHDDに移しても、まったく余裕がなくなってしまったので、2017年10月にSanDiskの240GBのもの(SSD PLUS)に交換。2011年には64GBで11,980円だったものが、6年後には240GBで9,649円とは安くなったものだと実感。Crucialの64GBのものもケース内に残し、一時ファイル置きとして使えるようにしてある。

2018年2月にはバッファローのブルーレイドライブ(パイオニアのOEM)が動作不良となったため、パイオニアのバルク品(BDR-209BK/WS2)と交換。これもだいたい同じようなスペックで12,800円→8,425円と安くなっていた。

そんなこんなでその後も使い続けていたが、数日前から、急に動作が遅くなり、フリーズには至らないものの、頻繁に「(反応なし)」の表示が出るようになり、どうにもならなくなった。原因を探るうちに、「ハードディスク エラーの修復に関する手順」というメッセージが。ついにHDDが寿命を迎えつつあるということが判明し、早急にデータを取り出さねばならないことになった。外付けの1TBのハードディスクもあるが、いろいろ入っているし、整理している時間はない。いずれにしても内蔵HDDの交換は必至であるということで、SEAGATEの2TBで7,200rpmのもの(BarraCuda ST2000DM008)がコストパフォーマンスが良さそうなので買ってきた(6,280円!)。

P_20190319_234932_sres_1

さて、動きの非常に遅くなった状態で、どうやってデータをうまく移すか。ケースを開け、CrucialのSSDに繋いであったシリアルATAケーブルと電源をBarraCudaに繋ぎ替え、まずはフォーマット。Fドライブが割り当てられた。

Acronis True Image WD EditionでDドライブ→Fドライブのクローン化を試み、途中までは何とか進んだが、手順どおり作業中に再起動したところで、先に進まなくなってしまい断念。次にEaseUS Todo Backup Freeでやはりクローン化しようとしたが、途中で「パーティションサイズ変更の範囲取得に失敗しました」とエラーが出てアウト。

最終的に、エクスプローラで隠しファイルも表示するようにした上で、すべてのファイルとフォルダを普通にコピーすることにした。データの分量は合計で550GBほどだったのだが、すべてコピーし終わるのになんと20時間以上掛かった。I/Oデバイスエラーでコピー出来なかったファイル(どちらも重要なものではなかった)が2つあった程度で、なんとかコピーは完了。

後は、データを移された新しいHDDを、何事もなかったかのようにDドライブとして使えるようにする必要がある。コンピューターの管理→「ディスクの管理」を開くと、

ディスク0
システムで予約済み(システム、アクティブ、プライマリ パーティション)
(C:)(ブート、プライマリ パーティション)
ディスク1
(D:)(ページ ファイル、アクティブ、プライマリ パーティション)
ディスク2
(F:)(プライマリ パーティション)

となっているので、Fドライブを右クリックして「パーティションをアクティブとしてマーク」する。ページファイルの設定は後にして、いったんシャットダウン。

ここで古いHDDを外し、新しいHDDをその場所にセット。セーフモードで立ち上げると、ページファイルが設定されていない云々と出るが、とりあえず無視し、再び「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」を開く。外したDドライブも「システムで予約済み(D;)」としてリストに載っているので、これを任意のドライブ(とりあえずZにした)に変更し、FドライブをDドライブに変更。そしてページファイルの設定を行い、再起動。

エラーが出たらどうしようという心配は杞憂に終わり、何事もなかったように立ち上がり、Dドライブのファイルにアクセスできている。動きもスムーズだ。

« エドゥモンダ・アルディーニとピアソラの貴重な共演盤、配信開始 | トップページ | ホセ・リベルテーラによる日本の歌謡曲集 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エドゥモンダ・アルディーニとピアソラの貴重な共演盤、配信開始 | トップページ | ホセ・リベルテーラによる日本の歌謡曲集 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31