フォト
無料ブログはココログ

« ピアソラの新しい10枚組(1940~50年代録音集成) | トップページ | ピアソラのアメリカン・クラーヴェ3部作再発、新・音楽夜噺 »

2009年10月28日 (水)

続・ピアソラの新しい10枚組

前回ご紹介したピアソラの10枚組の発売元は、パガーニ音源をまとめたあの10枚組を出したところと同じでした。ただ、前回のムチャクチャぶりと比較すると、曲目の並べ方などに、一応はちゃんとした意志を感じるんですね。きちんとクロノジカルに整理しようという意図が働いているのは明らかですから。それでも、権利関係はクリアされているのかとか、様々な疑問が浮かんで来るわけですが。

さて、もう一度少しずつ整理していきましょう。
ピアソラのいわゆる“46年のオルケスタ”の最初のCDは、スペインのEl bandoneon(当時はありがたがって集めたものですが、今にして思えばそうとう胡散臭いレーベルでした)から1989年に発売された14曲入りの"El desbande"。これは実は、アルゼンチンOdeonから1969年に出た編集盤LP"Tangos!!!"と同内容だったのですが(曲順のみ変更)、実は"Che Bartolo"はイントロが6秒ほど欠落していて、歌に入る直前から不自然な始まり方をしていました。El bandoneonは1991年には、“46年のオルケスタ”の残りの18曲をまとめた"Se armó"をリリース、一応32曲全曲がCD化されたのでした。
そして、待望の正規盤として1998年に日本の東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)から西村秀人氏の監修でリリースされた2枚組『ブエノスアイレスな夜 1945-1956』(前回も書きましたが廃盤)には全32曲が録音順に並べられていましたが、何とここでも"Che Bartolo"のイントロは切れていたんですね。制作時にはアルゼンチンEMIからマスターを取り寄せているはずですから、本国のマスター自体が損傷していたということになります。もちろん前述のLP"Tangos!!!"収録の同曲には何の問題もありません。
ところが、先日改めて手持ちのCDを確認したところ、"Maestro del tango"(CNR 29118)というこれまたよく判らないアルゼンチンのレーベルから2004年に発売された編集盤に収録された"Che Bartolo"は、イントロがちゃんと入っている………、と思ってよく聴き直すと、アタマの半拍分だけが微妙に切れている。何なんだ、これは……。
(次回に続く)

« ピアソラの新しい10枚組(1940~50年代録音集成) | トップページ | ピアソラのアメリカン・クラーヴェ3部作再発、新・音楽夜噺 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・ピアソラの新しい10枚組:

« ピアソラの新しい10枚組(1940~50年代録音集成) | トップページ | ピアソラのアメリカン・クラーヴェ3部作再発、新・音楽夜噺 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31